無利息ローン(無利息キャッシング)とは?

無利息ローン

キャッシング(カードローン)でお金を借りた時、必ず必要になるのが返済時の利息(利子)です。
利息(利子)はお金を借りている利用者にとっては本来必要ないものですが、
キャッシング(カードローン)会社にとっては唯一の利益であり、無くてはならないものです。

 

消費者側からすれば利息は少なければ少ないに越したことはありません。
グレーゾーン金利が撤廃されて、昔に比べると利息は低くなったと言われてます。
現在の上限金利は借り入れの20%に設定されていますので、

 

20%以上での貸し付けは発生しないのですが、それでも借りる側からすれば高い金利です!
消費者金融機関で50万円以下の少額の借り入れの時は、その消費者金融サービスの
最高金利が適用されるケースが多く年利18%の金利を設定をされることが殆どです。

 

年利18%も利息が必要になるは、かなりの痛手です。
利用者に取ってみれば、借りたお金は返済しなければならいのは義務です。

 

しかい利子は返済する金額に借りている期間分をプラスされて、
返済しなければならない金額なので、邪魔以外の他ありません。

 

お金は借りたいけど、総返済額はなるべく少なくしたいと言うのは消費者の本音です。
そのためにキャッシングサービスを決める時に最注目する項目が、金利であることは間違いありません。

 

本来、お金を借りる訳ですので、無利息(無利子)なんてサービスはありえません。
無利息サービスばかり行っていたら、カードローン会社(キャッシング会社)は存続できなくなってしまいます。

 

ですが消費者金融の定める条件さえクリヤーすれば、一定期間だけ
無利息(無利子)でお金を借りられるサービスが無利息ローンです。

 

利用者にとってみればメリットしか無いサービスですので
お金を借りようとしている方は、まずその消費者金融で無利息ローンサービスを行っているかの確認を行うのは必須です。
サービス条件をクリヤーできるなら、積極的に活用して行きたいサービスです。


無利息ローンサービスのおすすめ会社

プロミスでお金を借りる

プロミスなら30日間無利息サービスで更にお得!
※無利息ローンの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミスだったら平日夜でも土日でも困った時に借りられる!
14時過ぎてもネットで申し込んで審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
土日祝日でもネットで申し込んで、審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!

プロミス プロミス

無利息ローンは何度でも利用できる?

無利息ローン

無利息ローンの利用は、初回限定としている金融機関と
何度でも利用することができる金融機関があります。

 

初回限定としている金融機関では、初回の借入のときにしか無利息期間を使うことができません。
初回限定を知らないで既に利用してしまっていると、無利息ローンサービスは受けられないので情報は大事です。

 

現在、初回限定ではありますが、無利息ローンを行っていて安心して借入できる会社は
プロミスアコムになります。

 

プロミスでは30日間無利息サービスを実施中です。

・プロミスの利用が初めての方に限りますが、30日間も無利息で借りられるので返済計画が立てやすいです。
・利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
・2回目以降からは、借入で獲得したポイント数によっては無利息ローンを利用できる場合もあります。

 

アコムでも30日間金利0円サービスを実施中です。

・アコムの利用が初めての方に限ります。
・返済期日「35日ごと」ご契約する必要があります。

 

無利息ローンを利用する上でのポイント

30日間の無利息ローンサービスを行っている賃金買者は3社あるので、全て利用済みということも少ないでしょう。
初めての利用に限るという条件が各社にありますが、それはその賃金業者の利用が初めてということですので、

 

プロミスの利用はあってもアコムでお金を借りたことが無ければ、アコムで無利息でお金を借りることができます。
既に2社(プロミス、アコム)とも利用したことがある方は、ノーローンでしか無利息ローンは利用できません。

 

ノーローンの無利息サービスは何度でも利用できるメリットはありますが、利用期間が一週間と短いので注意が必要です。
給料日前の短期の借入で、必ず一週間以下に返済できる時に利用価値が高いです。

 

無利息ローンを利用する上での注意点

無利息ローンには期間があるので、期間内に返済ができなければ、利息がかかるようになっているので注意が必要です。
無利息ローンの期限が切れた後の金利は、通常金利が適用される賃金業者が多いですが、契約前にしっかり確認は必要です。

 

↓↓現在、お得な無利息ローンサービスを展開している会社↓↓

無利息ローンサービス

>>無利息ローンサービスのおすすめ会社はコチラから確認できます<<


無利息ローンサービスは、何で消費者金融は行っているのか?

無利息ローン,無担保ローン,初心者

消費者金融機関は何故、自分たちにメリットが無い無利息ローンを行うのか?
って疑問に感じたことは無いですか?

 

当然、消費者金融機関は慈善企業団体では無いので、収入が無ければ会社は倒産してしまいます。
消費者金融機関の最も大きな収入源は”利子”です。

 

その収入源である利子を取らない無利息ローンサービスは矛盾したサービスであり不思議に感じるのは当然です。
結局のところ、無利息ローンには必ず2つの守らなければならない条件があります。
この条件を満たして初めて無利息ローンを使えることになり、

 

消費者金融側からすると、貸し出し条件を付けることにポイントがあります。

 

返済期限の設定

30日間180日間と言った期限が設けられていることが多いです。
ただ期限を過ぎたら利子が発生するので、そこで儲けようと考えている訳では無いです。
あくまでも期限付きであり、いつまでも無料のサービスでは無いのは事実です。

 

初心者限定

無利息ローンを使うには、”初めての方に限る”と言う前提が大抵あります。
初回は無利息サービスで気軽にキャシング(カードローン)に慣れて頂くために、無利息ローンをキャンペーンで行っています。
2回目からは当然、通常の利子が必要になります。

 

無利息ローンキャンペーン新規ユーザー獲得の手段と言って過言は無いでしょう!

 

↓↓現在、お得な無利息ローンサービスを展開している会社↓↓

無利息ローンサービス

>>無利息ローンサービスのおすすめ会社はコチラから確認できます<<


無利息ローンを利用するメリットとデメリットを考察

初めて 無利息ローン お金借りる

無利息ローン(無利息キャッシング)のデメリットですが、
消費者側に取ってみればデメリットと言うデメリットは存在しないのが現状です。

 

そのため『無利息(無利子)ローン』が利用できるならば、積極的に利用して行きたいサービスです。

 

強いて無利息ローンのデメリットを挙げるとすると、下記の方は利用できない点にあります。
●多重債務者
●その賃金業者を2回目の利用方

 

ただし注意しなければならないことは、無利息ローンと言っても永久に無利息な訳ば無く、
必ず期限が設定してあると言うことです。

 

期限内に返済が間に合わないと、当然利子が発生してしまいます。
通常、18%の利子が付くところを「無利息」で借りられたとしても、
返済期限に間に合わず「遅延金」が発生していまうと、

 

「遅延金」の利子は通常の18%よりも高い20%を設定している消費者金融機関が多いので
無利息ローンを利用したのに、返って高額になってしまうケースも発生します。

 

無利息ローンの期限は要注意です。
加えて無利息ローンを利用するには、その消費者金融を利用するのが、「初めての方に限る」
という条件が付くケースが多いので、一度うまく行えて味をしめても、2度目は使えないことが多いです。。

 

プロミスとアコムの30日間無利息サービスも人気があります!

貸出期間と貸出限度額のバランスならプロミスとアコムが実施しているの30日間無利息サービスが人気があります!
無利息は魅力的でも貸し出し期間が一週間では、短すぎるケースも多いでしょう。

 

その点、プロミスアコムの無利息ローンだったら30日間の期間がありますので返済計画も立てやすいです。
貸し出し金額も最高は500万円なので余裕があります。

 

↓↓現在、お得な無利息ローンサービスを展開している会社↓↓

無利息ローンサービス

>>無利息ローンサービスのおすすめ会社はコチラから確認できます<<


無利息ローンサービスの上手な利用方法

お金借りる

無利息ローンサービスは消費者にとって利点しか無いサービスと言われますが、具体的なメリットは何でしょうか!
まず最大の利点は、利息がつかないことにあります。

 

通常、キャッシングを利用する時には金利が設定されているので、
借入金借入期間に基づいて算出された利息を払わねばなりません。

 

無利息ローンサービスが他の金融商品と違うところは、借りたお金を返す時に利息がつかないことです。
借入金と同額を返済するだけで、キャッシングを完済できます。

 

短時間の審査で融資が受けられることも、無利息ローンサービスの利点です。
時間をおかずにお金を借りたいという場合でも、銀行系のカードローン会社で融資を受けると審査終了まで時間を要します。

 

無利息ローンサービスならば、消費者金融系のキャッシング会社が扱っていることが多いことから、短時間審査で済みます。
できるだけ早くお金を貸して欲しいという人は、ノンバンク系の即日から翌日融資が可能なところがおすすめです。

 

無利息でキャッシングを利用する時は、審査に通りやすいといいます。
それは無利息ローンサービスを利用できる方は、キャッシングが初めての方が多いためであり、
金融事故も無く、個人属性が良好な方が多い特徴があるからです。

 

キャッシングの申込みをしても、銀行系のカードローン会社は審査で融資を認めない場合があります。
銀行系のカードローンでは融資を断られるという人でも、無利息ローンサービスがあるノンバンク系の
キャッシング会社ならOKなことがありますので、申し込んでみる価値があるサービスが無利息ローンです。

 

↓↓現在、お得な無利息ローンサービスを展開している会社↓↓

無利息ローンサービス

>>無利息ローンサービスのおすすめ会社はコチラから確認できます<<


無利息ローンは返済期限を厳守しないと逆に損になります!!

初めて 無利息ローン お金借りる

無利息ローンの利用客ばかりでは、カードローン会社は経営できなくなってしまいます。
そのため無利息ローンには必ず返済期間が設けられています。

 

各消費者金融により無利息で借りられる期間は異なって来ますので、契約する時に
何日間と言うのと一緒に「何月何日」までと明確に確認するようにして下さい。

 

無利息ローンの場合、返済期限を過ぎると逆に金利は高めな設定になるケースが多いので注意が必要です。

 

無利息ローンの期限内に返済することができないと、遅延金が発生してしまいます。
遅延金はどの金融会社でもMAX金利が適用されている会社が多く
せっっかく無利息で借りれても最終的に利息が高くなってしまうケースもあるので注意が必要です。

 

加えて、簡単にお金を借りることができてしまうと、何とかなると錯覚しがちです。、
初心を忘れる事無くしっかり節度を持ってカードローンは利用願います。

 

あと、一度借りると2度めに借りるのは要領もわかるため、借りるハードルもかなり低くなっています。

 

そのため少し困ったら程度でもスグ借りようと考えがちですが、それでは無利息ローンのサービスを
行っているキャッシング会社の術中にハマり過ぎです。

 

お金を借りるのに慣れるのは怖いので、いつも借りなくて済むことから検討するように心がけて下さい。

 

無利息ローンを利用するポイント

無利息ローンのサービスを行っている会社は沢山ある訳ではないです。

 

安心して利用できる無利息ローン差^ビスはプロミスアコムになります。

 

無利息ローンは賃金業社にとってみれば利益が出ないサービスであり
会社経営を圧迫する事態にもなりかねないため、キャンペーンなどで一時的に実施する賃金業者もあります。

 

無利息ローンサービスは初回は無利息で借りられたからと言って、常用することは出来ないサービスです。
キャシングは本当に困った時に利用するぐらいに考えて置くことが大切です。

 

↓↓現在、お得な無利息ローンサービスを展開している会社↓↓

無利息ローンサービス

>>無利息ローンサービスのおすすめ会社はコチラから確認できます<<


カードローンの契約日と融資日の違いは重要です!契約前に要確認

お金借りる

カードローン(キャッシング)の返済を開始するには、
必ず返済開始日の基準となる契約日が設定されています。

 

実際にお金を借りた日=融資日契約日と勘違いしている方が時々居ますが、
契約日融資日は異なりますので注意が必要です。

 

特に無利息ローンなど無利息でお金を借りている時は、
契約期間は短い傾向にありますので注意が必要です。

 

契約内容には必ず下記の様な記載があります。

契約日の翌日から最大30日間が金利0(ゼロ)期間となります。

 

カードローンの契約を行い、自分の銀行口座への振込融資では無くキャッシンカードでの
引き落としを選択した場合、キャッシングカードが自宅に到着し、利用開始したのが契約日から
10日後だったとしたら、既に無利息期間の10日は経過していることになります。

 

実際にお金を引き落としたのが10日後と言っても、契約上は”契約日から”としっかり規定されています。、
特にキャッシンカードで利用される場合は、郵送期間もありますので注意願います。

 

一ヶ月後に必要になりそうだからと、カードローンの準備する心構えは良いですが、
無利息ローンなどの返済期間が規定されているサービスでは、
申請準備までは進めておいても実際の契約はタイミングを計る必要があります。

 

また必要と思って30日間の無利息ローンを契約したのに、
何らかの理由で必要になるのが、一ヶ月シフトしてしまった場合などは、
既に無利息ローンの契約が終了してしまっており無利息で利用できなくなっています。

 

30日以降は当然、利子が発生してしまうので一度返却すべきです。

 

ただもう一度、無利息で借りようと思っても、無利息で借りられるのは
「初回に限る」場合が多いので利用できなくなってしまってます。

 

返済期間のあるものはタイミングが重要ですので、契約するタイミングに注意願います。

 

特に無利息ローン即日審査・即日融資のサービスと絡めて、
必要な時に契約してスグ融資を受けた方が恩恵が多いです。

 

↓↓現在、お得な無利息ローンサービスを展開している会社↓↓

無利息ローンサービス

>>無利息ローンサービスのおすすめ会社はコチラから確認できます<<


無利息期間内にお金を返せない時はどうすれば良い?

無利息ローン お金借りる

無利息ローンといって、一定期間は金利が全くかからないキャッシングやカードローンのサービスがあります。
この期間内に返済できない場合であっても、その後は利息がかかるだけで特に問題はありません。

 

無利息ローンというのは消費者金融(一部、銀行カードローン)が行っているサービスなので、
通常のカードローンで本来支払うべき金利を、一定期間免除するというだけのものです。

 

その期間内に返済できれば、利息ゼロで借り入れをすることができたということになります
しかし無利息期限内に返済できないからといって、ペナルティがあるわけではありません。

 

そもそもカードローンは完済までの期間が決まっている訳ではなく、毎月の約定返済額をきちんと返していれば、
その他の追加借入や繰り上げ返済は自由にできるようなシステムになっています。

 

そのため、最初から長期的に借り入れる場合には、しばらくの間は利息がかからずに済むと考えることもできます。
返済期間が長くなりそうな時は、金利が低い賃金業者を最初から選んだ方がトータルの支払総額は低くすることができます。

 

しかし無利息ローンを利用する時は、無利息の期限内に返済してしまった方が考えやすいです。
プロミスやアコムでしたら、30日間の無利息期間があります。
30日間あれば給料日も含まれますし返済計画が立てやすいと思います。

 

一度、無利息ローンで借りた場合は、まずは無利息期間内で完遂を目指しましょう。
新規にキャッシングが必要になったら、また検討を行えば良いです。

 

30日間の無利息ローンを行っている会社は、大手賃金業者でも3種類ありますので選ぶのには困りません。
前回の借入がしっかり完遂していれば、違う業者でまた無利息ローンを組むことも可能です。

 

お金を借りている間に、また違う業者から借り入れを行うと、多重債務者になっていってしまいます。
多重債務者になると返済日の確認やら大変で混乱してしまいます。

 

しかも多重債務者になると新規の借り入れも厳しくなります。
お金を借りたら返済するのは義務なので、まずは一回づつ完遂していくのがわかりやすいです。

 

↓↓現在、お得な無利息ローンサービスを展開している会社↓↓

無利息ローンサービス

>>無利息ローンサービスのおすすめ会社はコチラから確認できます<<